何してる?おうち英語
勉強で生き抜いてきた母によるおうち英語で娘をバイリンガルにしようと目論むブログ
教育指針

世界で活躍する子の<英語力>の育て方レビュー 

おうち英語に興味ある方なら読んだことはある方も多いと思いますが、今回は『世界で活躍する子の<英語力>の育て方:船津徹』を読んだのでレビューを書きました。 

世界でアジア人の子供達の英語教育をされてきた著者が「日本人の子供が、日本にいながら、実用的な英語力を身につける方法を紹介する本」です。これは期待できる、というか子育てしている人は必ず読んだ方がいいです!本当におすすめ! 

船津徹さんとは? 

福岡生まれ、大学卒業後金融会社勤務を経て英語教材の開発を行う。その後ハワイに移住しTCL for kids設立。(英語力、コキュニケーション力、倫理思考なと世界で活躍できるグローバル人材を育てるための独自の教育プログラムを開発)4500人以上の子供の教育に関わり、卒業生の多くがハーバード大学等世界各国の最難関大学へ進学している。 

存じ上げなかったですが、本著の内容が素晴らしかったので他の著書も読んでみようと思います。 

子供達が英語を身につけなければいけない理由 

国際化が進んできていて将来的には英語ができないと困る、というのはよく聞く話。 

韓国で起こったグローバル化の話を例に、日本に住んでいても英語を身につけなければいけない理由が書かれています。 

通貨危機を企業のグローバル化(サムスンなどいい例)で乗り切った韓国は 

大学を卒業しても英語ができないといい就職ができないという社会になりました。 

英語格差=収入格差とも言われているほど! 

それに呼応するように子供への英語教育熱が熱くなり、子供達がどのような方法で英語を身につけているか等が書かれています。 

日本にもいづれ同じことが起きると考えるとすごくわかりやすい例でした。 

子供が大きくなった時に経済的に困らないようにしてあげたいのは誰しも思うこと。 

これは英語を身につけさせねば!と思いました。 

日本の英語教育の間違い 

・読み書きより英会話が大事 

・6歳過ぎたら英語は身につかない 

・早期教育で日本語が変になる 

・日本語訳して教える 

・英語を’’勉強’’させる 

・英語はプロにお任せ 

これらは日本でよくある話ですが、間違いとして否定されています。 

具体的な例を挙げての説明でわかりやすく書かれています。 

私も英会話ができればいいかなと思っていました。 

要は英語の本を英語でスラスラ読める能力の獲得が重要です。 

目から鱗! 

ただ、日本の中学とかでやっていた音読ではなく、ネイティブのようにスラスラと読むのが目標。 

日本にいる子供の英語教育の目標とは 

①CEFR B2レベルの達成 

②リーディング力の獲得 

③8−10年の学習期間 

CEFR B2とは英検凖1級程度です。 

ちなみに母はCEFR B1レベルです。(足りてない・・・) 

CEFR B1レベルの獲得には 

・1年間の語学留学(留学前に英検2級レベルの必要あり) 

・小学生のうちにリーディング力を獲得する 

どちらか必要とのことです。 

語学留学は資金と子供の意思にもよるので現時点では後者を目標に頑張りましょう。 

CEFR B2レベルのために行う具体的方法 

このパートが秀逸でした。年齢に応じてすべきことが書かれています。 

おうち英語では音源の掛け流しでペラペラに!とかって本が多いですが、子供の耳がいくら良くてもそれだけでは身につかない。 

自我がある年齢の子供は動画を見てくれない。 

そんな悩みを解決してくれています。英語学習開始年齢別に(2-3歳から、4-5歳から、6歳以上)すべきことが書かれています。 

また、フォニックスやサイトワーズ(日本語で言う漢字のような暗記する英単語のこと)などリーディングしていくために必要な知識の習得方法も書かれています。 

もはややるべきことは書かれているのでお子さんに合うような方法を探すことと継続できるように環境を整えることくらいが親の役目でしょう。(そこが難しいのですが) 

まとめ 

素晴らしい本!もっと早く読みたかった!そんな本です。騙されたと思って読んで見てください! 

楽天ブックス
¥1,650 (2022/02/26 07:04時点 | 楽天市場調べ)
ABOUT ME
may_mie
フルタイムワーママ勤務医。娘5歳(英語年齢2歳1ヶ月)バイリンガルにしようとおうち英語おうち英語奮闘中。母は純ジャパ、公立小中高→国公立医(偏差値65−75)コツコツ続けるのが得意。